2006年06月10日21:22暁のローマ
Comments(0)TrackBack(0)観劇 
aiaiさんと8日に一緒に観てきました。え!?もう4日も経ったの!?しかもかなりいい席で。オペラグラスを忘れたまさちかは救われました(笑)。 しかし本当に今回もキムシンはキムシンでしたね。歌詞が。 キムシンはこうでないと!!(*´∀`)ノまさちかのお気に入りは娘達がカエサルを囲んで 「大きいわっ♪大物よっ♪」と連呼するところです。スゴツヨ的なインパクトがありますよね。よく口ずさんでます。でもこの間何気なく歌ったら友達に「もう!まっちゃん!下ネタ禁止!!」何でだよ!!(爆) まっちゃんが歌うと下ネタになるそうです(・∀・)ノそうそう、皆さん良かったらまっちゃんと呼んでください<どうでもいい

では、公演を観ていろいろ思った事。・最初の漫才のきりやんが可愛い(*´д`) アドリブ禁止だそうですが、やっぱり多少アドリブが見てみたいとか思ったり。だってアドリブのプレッシャーに毎日苦しむきりやんが見たいんです<痛・「霧矢でーす!」「北翔でーす!」「二人合わせて〜」とかいうのやってくれないかな(笑) ・アントニウスの髪型がやっぱり素敵。・ロック調にカエサルを讃えるローマ市民がなんかおかしい。・ロック調なカエサルはもっとおかしい。轟様がノリノリな図って、おかしすぎる。・カエサルはえーらいー カエサルはえーらいー カエサルはえーらいー キムシンはえーらいーヽ(´∀`)ノ・しかし、衣装がシンプルでいいなと思います。下級生見つけるの大変ですが…<案の定見つけられなかった人「今回衣装手抜きだよね」と言った友人へ。あれすごいデザインはいいから!!ついでにすごいいい生地使ってるから!!(笑) 私は好きです。・カシウス@ゆーひ君かっこよすぎだから えふえふの新キャラ…? ど、どうする!?どうするよ!?<どうもしなくていいあの衣装と金髪とハチマキ(違)、ユウヒ君自身のビジュアル、全てが完璧です。どこから見ても萌えキャラです。本当どこから見てもゲームのキャラです。すげー。セナ@ブルータスが横に並ぶともう腐女子達のエサになるしかないな、みたいな。いやあ、アサユヒファンは今回本当おいしいなあ。・イケメン暗殺集団(友人H命名) ほとんどリュウ様しか見てないので他がイケメンがどうかよく知りません(笑) ・リュウ様が「目を開けろ〜」と歌うシーン。リュウ様あは〜ん(*´д`) で、何故振り付けがロボットダンス?(´ー`) ・アサカナのラブラブ夫婦っぷりがいいですねー。抱き合うとき、セナさんの片方の手がかなみんのマントの下に入ってるんですよ。で、マントが腕の形に盛り上がるんですが、それがなんともエロイ。 ・で、夫婦がいちゃついてる所にブルータスの母、セルヴィーア@えりさん登場。 マーーーーーマーーーーーー!!!!!ヽ(*´д`)ノ <うざああぁーーーーーーーーーーーん!!!ああぁぁーーーーーーーーーーーーん!!!久々に喘ぎが止まりませーーーーん!!!(*´д`) もう、何回みてもたまんないですね。嘉月さんのマダムは大好物です。「夫婦で何いちゃいちゃしてるのよ、家でおやり、夜中におやり!!す て き ・・・!!! でもあんな色気過多のママを見て育ったブルータスはどんな気持ちなんだろう(笑) 授業参観には絶対来て欲しくないタイプだよね…。ある日学校から帰るとリビングでお母さんと先生が…!!のパターンだよね。ブルータスが女房しかしらない男になったのは、絶対ママのせいだと思う(笑) ・カエサルに群がる愛人たちの戦い。みんな怖い…。月娘も素敵だ…。ぶつかってお互いに「いってぇーな!!このアマ!」と言わんばかりの表情がすごい。でも、一組だけ「いったぁ〜い☆」「もぅっ☆こいつぅ☆」「あはは☆うふふ♪」な感じでじゃれ合ってる娘カップルがいました。お前らどさくさに紛れて何を(笑) あの二人は誰だったのかねー…。娘チェッカーのアヤユリは見てないかなあ…。 ・クレオパトラ@あいあい贈り物よと言ってブルータスとの間に出来た赤ん坊を差し出す。すげー女だ。 「エジプトで産んできたの♪」ってあなた!!(笑) クッキー焼いてきたの♪的なノリでした(笑) この赤ん坊の人形がまた妙にリアルでいい。・で、この赤ん坊の入ったカゴを持って踊るためだけにきた踊り子役のあやちゃん。 ごくろう!!!(笑)君のダンスは素晴らしかったよ!・「愛している愛している」うおー、また連呼きたー。・その後ローマ市民が「ハイ!ハイ!ハイ!」言いながら出てきたー。あ、デジャブが(・∀・)ノ・イケメン暗殺集団が階段で眠りこけているシーン。寝ていてもリュウ様素敵(*´д`) ・カエサルを暗殺するシーン、最後にブルータスが刺した時、「ブルータスお前もか…」と、名台詞を聞いたときちょっと感動でした。そのあと「ならば、良い…」が好きです。あのカエサルの表情が。殺されてもそう言えるくらいの関係だったんだなと。・で、ここのアントニウスの腰抜かしっぷりが最高。・でも冷静になるの早!!カエサルの死体がそこにあるのに。動揺はしたけれど、こういう事も予想の範疇だったと言わんばかりに。ずっとカエサルを密かに動かしていた男だから、この後どうするか瞬時に計画を立てたんだろうな。そういう目だった。怖。・そのあとの演説はマジ鳥肌もの。「ブルータスを讃えよう」とかいいながら、どんどん市民を自分の味方に付けていく洗脳の流れがお見事。「ここにカエサルの遺言が…」「いや、やっぱり読むのはよそう…」とかあの焦らし技がすごい。本当に怖かった。人間って怖いって思った。 演説終わった瞬間に早速女口説くしな!(笑) ・ブルータスと暗殺集団の表情も心底からの喜びに満ちていたのに、徐々に絶望の色に変わっていく様子せつない。・暗殺集団が一人二人と逃げて行き、最後にブルータスとカシウスだけになって、カシウスがブルータスに「早く行け!」と促していたのが萌え。マイクを通してない生声で聞こえたのが嬉しい。・で、ポルキアさんがいつの間にか狂ってしかも死んじゃったんですけど…?;あれは演出的に必要だったのかな?より一層ブルータスの絶望的な状況を強調するため?よく分かりませんが、かなみんの演技はよかったです。・私は愛された、と死んでいくブルータスがいい。・真咲は麻子さんリスペクトだからあの役が出来てよかったねえ。・最後のアントニウスはかっこよかった。本当に人をちゃんと見ているからこそ、洗脳が出来るだな。・緞帳が降りたあと、もう一度霧矢・北翔漫才に入る。あそこ凄いスピードで緞帳前まで走ってきてるんだろうなと思うと微笑ましい。・で、いろいろ小芝居の入った全員での楽しいエンディング。カエサルに向かって両手広げて走っていくアントニウスの姿は素のきりやんだった。 「トドさ〜〜〜ん☆」 いやん!カワユス!!(鼻血) トドさんに拒否されても私はしっかり受け止めるから!ぎゅっと抱きしめるから!!さあ!!おいで!!!(笑顔)<ぜったい嫌 そんなわけで、相変わらずキムシン節炸裂でツッコミ所は多すぎますが、キムシンファンとしてはそれも楽しいし、曲はよかったし、これは作品としても良かったと思います。歴史物として普通に勉強になります。あとなんと言ってもビジュアル的に舞台が素敵でした。ええ、装置デザインの大田先生ラブなんで。 ショーの感想はまた後日、忘れなかったら書きます。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔