2007年01月31日01:33星組公演ハロー!ダンシング(総まとめ)
Comments(4)TrackBack(0)観劇 

遅れましたが、感想です。
どれがどの日の記憶なのか曖昧になってるので、
あとはごちゃ混ぜです。
初日から3日連続で行ってきましたよ。
ヅカファン歴9年目突入ですが、
こんなに気合いが入ってる自分は初めてです。
入り待ちも観劇日毎日は無理だったけど、朝の弱い私にしては頑張った。
ほとんど明石ロックオンです!
明石を手放しで褒めまくりかもしれない。
他の人の事全然触れてないかもしれない。
それでもいい方はどうぞお願い
散らかった文章ですみません。




最初のジャズダンスで明石がセンターに踊り出たときは素直に感激。
うちの子が真ん中に立ってる!!。・゚・(ノД`)・゚・。
しかしこのシーンがちょっと長い。慣れるとそうでもないけど、
初見の人は退屈になるんじゃないかなって。
間延びしちゃってしょっぱなからテンションさがってしまうのはいただけない。

コロちゃんと鶴美舞夕ちゃんがピンクのつなぎで登場。
鼻歌歌いながらモップがけします。
私真似して職場でこっそりやってます。絶対社員に見つかってはいけない。
バケツをドラムのように叩いてますが、リズムをとる二人の表情が必死すぎて微妙にハラハラします。
コロちゃんは顔が丸くてかわいいなあ。

その後の明石が黒い衣装&前髪はらりで激しくダンシングなわけですが、
ヤバイ!エロイ!!!
この時の汗のかき具合がまた絶妙で、
こめかみからアゴにかけて数筋の汗がつーっと伝って…。
その跡が踊りに合わせて光り、飛び散り、また新たな汗が流れ落ち…。
明石の目をギラギラさせながら、唇は目が覚めるような赤色で、
口元にうっすら微笑みを浮かべたかと思うと、
苦悶ともとれるような表情な変わったり。
えっと、なんていうか、最中?(・∀・)
あのギラギラ加減はスミレコードというよりは放送禁止だと思う。
明石、もしかして欲求不満…?溜まってる…?(・∀・)
と思うくらいエロくてかっこいいのです。
絶対妊娠した人いると思う。私は渾身の力を込めて避妊した。
あいつの子を産んでたまるか!!俺が産ませる!!<意味不明
いやあ、大人になったもんだ。
私がファンになってからの短期眼でこんなに。すごいねえ。
頭をなでなでしてラジコンとか買ってあげたくなっちゃうよ<思いっきり子供扱い
まったくあんないろんな技やら目線やらどこで覚えてきたんだ。
思春期の娘の制服の向こうにブラが透けて見えたとき、父親はこんな気持ちなのでしょうか…。
息子の部屋を掃除していたらエロ雑誌が出てきたとき、母親はこんな気持ちなのでしょうか…。
(´ー`)

ところで友達いわく、
「経験のないエロ漫画家の方がエロい内容を描く。
明石のエロさはそれに通ずるものがある」
激しく納得!!!名言だよ。
妄想力豊かゆえのエロさかあ。確かにそんな気がする。
今までの明石のエロさは思春期の男子の妄想が漏れたような、
そんなエロさでしたが、
それがさらに洗練されて、芸術の域になったような気がします。
若さ故に無鉄砲で予測の付かないエロ爆弾じゃなくて、
本人が計算して落としてるエロ爆弾。
うん。

「青の洞窟」
を、男女カップル3組で踊ります。
懐かし〜〜!新鮮でいい感じでした。
最後の星空が奥行きがあってすごく立体的で綺麗でした。
かつきさんも顔で踊る人だなあ。

タップダンス。
星組は最近タップづいてるねえ。
夢乃くんがすごく暑苦しくてデカくてかっこいい。
縦ストライプのズボンが妙に忘れられない。

ヤンブラの「スイング・ブラザー・スイング!」のシーンを再現。
柚希が真ん中で踊りまくっていたあのシーンを、同じ劇場で明石がセンターで…。
なんか、ありがたかったです。
このシーンは曲が好きですごく印象に残っていたので、楽しかった。
去り際に明石の飛ばすウィンクがすごくねっとりしてる。
明石の袖に引っ込む直前によく客席を一瞥するんだけど、
あの
「俺、どうよ?かっこよくね?(´ー`)」
みたいな得意気な一瞥がウザくて好き。

音楽に乗ってメンバー紹介。
明石のソロがありました。
「いらっしゃ〜〜〜〜〜い」っていう歌詞の時すごく粘着質な歌い方で、
なんか、このウザさが明石だなって。
一人ずつ名前を言って一言言うのですが、
かつきさんの「みなさ〜〜んたのしんでますか〜〜」が好きです。
甲高い声で馬鹿っぽくて、ある意味かっこいい。
貴女が誰よりも楽しそうだよ!!ヽ( ゚∀゚)ノ
前楽では、私運良く最前列で観劇してたのですが、
このシーンの階段降りでかつきさんが目の前に!!
あのテンションのまま目の前に!!!(笑)
指さしぶりっ子ウィンクが私の隣の人に当たって、
それを見ていた私がかつきさんにうっかり惚れました(*´∀`)ノ
ヤバイ、あの人面白い。

我が懐かしのブエノスアイレス。
明石がともみんとタンゴを。
「男役同士のタンゴ」を明石で見れるとは思わなかったので、新鮮でした。
故郷を、友への想いは相当滲み出ていて、見応えはありました。
ともみんが踊るのを後ろで明石が見つめる瞬間があるのですが、
その時の明石の目が、深い優しさに満ちていて、
もうときめきがノンストップです。
幕が閉まりはじめて、照明が消える直前に、懐かしそうにふっと笑うのですが、
その表情も大人っぽくてたまりません。

二人だけのダンス
コロちゃんの影ソロにのって、
鶴美舞夕ちゃんと稀鳥まりやちゃんが踊ります。
海辺で出会い、裸足で踊る二人。
出会った瞬間の驚きとときめきがこっちまで照れるくらい可愛くて、
この場面大好き!!!!
二人の世界が完全に出来ていて、見ているとさらわれるように入り込んじゃうんです。
ダンスがもう綺麗すぎて、お互いを見つめる目が若い恋人同士の輝きで溢れて、
駆け寄った時の笑顔なんてもうとろけそうでさあ、
素直に、あ〜ん素敵〜〜〜(*´д`)ってなります。
可愛いわ〜。若い子って可愛いわ〜。

ふるさとの山
これは星組だけのオリジナル場面だそうです。
ストーリー性がある場面で、ざっと説明すると
「都会に出てスレてしまった若者たちがふるさとの青い山を思い出し、帰っていく」
という流れなのですが、
この時の明石は都会でスレちゃった人代表です。
明石が出てきた時どうしようかと思いました。
だって、すごくスレてたんだもん。果てしなくスレてた。
「大人はみんな嘘つきだ…!」
「誰も信じらんねえよ!」
って、言わんばかりにボロボロな少年でした。
様々な葛藤、苦しみがダンスと表情でぶちまけられて、
一体何があったの!?都会で誰に何されたん!?
って問いつめたくなりました。
打ちひしがれて、目に涙を溜めてフラフラと歩いて、
まるで行く先に絶望しかないような。
ていうか、あの顔はずるい。ずるすぎる。
あんな顔見ちゃったら、ますます好きになっちゃうじゃん<ピュア発言。
雨に濡れた捨て犬のようでした。
近づいたら噛みつかれるのは分かっているのに、手を差し伸べずにはいられないような。
噛みつかれて血が出ても「怖くない怖くない」って優しく囁いてあげたい(´ー`)
でもそれより何より、一番重要なのは、
腹チラ。
もう一度言いますよ?

腹 チ ラ。

ヽ( ゚∀゚)ノ
すっごいチラチラチラチラチラチラ大サービス。
やだ〜〜、明石のくせに腹出してる〜〜〜(*´∀`)
激しく踊りすぎ。最大であばら骨近くまでチラリしてました。
最終的にジーンズの中に入ってたシャツとか出てきちゃうしね。
パラっと完全にシャツが出てきた瞬間を見ると、思わずよし!と頷きたくなります。

で、フィナーレ。
またの名を「音花ゆり一人コンサート」
あの子、格好良すぎだから!!まさにパッショネイト!!
マイクもって男役したがえて歌います。音花ゆりが歌います。
もう、男らしすぎだから。かっこいいから。惚れるから。
汗が流れるコロちゃんはキラキラ光っていて、
濡れた卵みたいですごく可愛いです<褒めてるのか分かんないよ
マジかっこいい…どうしよう…。
あの曲でシングルデビューしないかな

全員でのフィナーレ。
みんな汗だくです。びしょびしょです。愛おしいです。
明石が本当に楽しそうで、よかったなあって。
カーテンコールの時必ずともみんとかかつきさんとか、
誰かしらといちゃついてる明石が甘えん坊で可愛い。
初日は帽子を取り合ってました。
あのウザい動きは言葉じゃ表せない(笑)
うほ!うほ!とか言ってそうな、そんなノリ。

あ、そうそう、初日の毬乃ゆいさんの挨拶が、
息が切れすぎちゃって
「(ぜぇぜぇ)………みな……(ぜぇぜぇ)み…な…ぜぇぜぇ」
「皆さん本日は」を言うのに相当時間かかってて面白かったです(笑)
75分のノンストップの凄さをしりました。
明石とか汗がぽたぽた垂れちゃって、顔中ヌラヌラしてた。
みんなヌラヌラしてた。
あれだけ踊ってたら汗もかくわな。
みんな綺麗だよ。本当に綺麗。全員可愛い。


日にちが経ってしまったのでどうしてもテンションを上手く表せないですが、
今思い出しても身体中の細胞が踊り出すくらい、楽しかったのです。
明石は確実に舞台人として成長したなと思う。
今までも表情豊かな人だと思っていたけど、さらに表情の幅を広げたんです。
色のグラデーションがより細かくなったというか。
例えば青から赤に変わる間の紫の種類が増えたというか、
見ていてびっくりする。そんなにたくさんの色を増やしたのかと。
でもまだやるよ、きっとあの子はもっと持ってるよ。
まだ出せてない色はいっぱいあるし、もっともっと見たいってファンとしては思ってしまう。
楽しみだな〜。私ファンだな〜。
明石だけじゃなくて一人一人の楽しそうな表情が忘れられません。
あの気合いと熱さ。舞台はこうやって楽しむものなんだと。
あの空間に居た事、たくさんの人に出会った事、
新しい明石に出会えたこと、本当に一生忘れません。
熱い、熱い一週間でした。悔いは何もない。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひーたん   2007年01月31日 14:34
「経験のない〜」云々、ちょー納得!!!
名言!!!

そっか…そういうことだったのか(ウロコボロボロ)
きっとうちの子もそーなんだと確信しました。
なるほどなぁ…なるほど…(何)

てか、ハロダンがそんなエロい祭りだったとは。
エロ明石、かなり評判良いみたいだねー。何よりです(*’ー`)(何でもかんでもエロをつけるのはやめなさい)
うちの子も回ってくる可能性あるからなぁ…
ありがとう、心の準備ができました(何の)

逆に、贔屓じゃないけどちょっと行ってみよっかなー♪なーんてヤンブラのノリで行ったらエライ目に遭いそーだ…(笑)
2. Posted by まさちか   2007年01月31日 19:09
>ひーたんさん
エロいけどあくまで経験豊富には見えない。
そこが明石の魅力。
たぶんあいつ相当妄想力たくましいですよ。
頭の中放送禁止ワールドですよきっと。
思春期男子め(笑)

ヤンブラ他の組も行っちゃおうかな〜。
普通に楽しそう。
3. Posted by 西にゃんこ   2007年01月31日 22:58
5  こんなところにもおじゃましました。
 感想熱すぎ。火傷しちゃう。
 
 熱くてウザくてエロくて楽しかったあの一週間を思い出しました。
 一生のうちで一番幸せな一週間でした。

 うちはもう会費振り込んだで。

 ヤンブラ他の組も普通に面白そうですよね。私も見に行きたいです。
4. Posted by まさちか   2007年02月01日 14:35
>西にゃんこさん
あら!!にゃんこさん!!
見つかってしまいました☆
その節はいろいろお世話になりましたm(__)m

私もあんなに幸せな時間過ごしたの初めてです。
睡眠少なくて毎日フラフラしてたけど(笑)
でも舞台を見ると若さにあてられて元気になっちゃう(*´∀`)ノ
いやあ、若さって、汗って素晴らしいですね。

ヤンブラ他の組も楽しそうですよね♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔