2007年03月09日21:22「今夜は熱く語らナイト 〜陽月華〜」
Comments(4)TrackBack(0)陽月華 

ウメちゃんは私にとってやっぱり天使、妖精、夢。
そういう類の存在なんだなと思いました。
そこにいるようで非常に遠い。
でも遠いからといって手を伸ばそうとは思わない。
この距離から眺めているのが一番楽しい。
私が好きな他の誰よりも一番人間らしくないというか。
なんていうのかなあ。
私の中のウメちゃんのイメージを改めてよくよく考えてみて、
言葉で表すとししたら、
本名のウメちゃんが汗だくになって、手を血だらけにして「陽月華」の彫刻を彫っている。
そんなイメージなんです。
ジェンヌというのがそもそもそういう職業だとは思うんですが、
ウメちゃんの場合は他の人よりその辺が強く感じる。
私が惚れているのその彫刻の「陽月華」で、
決して手を血だらけにして掘っている、汗が眩しい彫刻家・梅津○○ではない。
その事に気がつきました。
気付いたというか、最初からそうだったことに気付いたというか。
もちろん本名の彼女が垣間見える瞬間は好きです。
頑張り屋でファン想いで小心者で、なのにあえて細い糸の上で綱渡りしようとして。
それこそ削っているのは自分の命、ってくらいに、
必死に素晴らしい彫刻を作ろうとしてると想うんです。
そうやって形になった「陽月華」だからこそ、輝きがあって、人を惹き付けるんじゃないかって。
私の天使であり妖精であり夢である陽月華。
太陽を浴びるとビタミンEが体内に生成されますが、
陽月華を見てもきっと何か心の栄養素的な物が生成されてるんだと思います。感じます。
総合して何が言いたいかというと、ウメちゃんが大好きです。
彫刻は大方の形は出来てます。細部へのこだわりを本人が今後もっと追求していくでしょう。
日々進化していく「陽月華」という作品を眺めて愛することが、
ファンとして出来る事なんだろうなと。
オタクで男前でヅカファンで好きで漫画が好きでコスプレもしちゃう、
そんな妖精さんが見せてくれるファンタジーに私は夢中なんです。
ウメちゃんがありたい自分でありつづけること。
それがファンとしての私の願いであり、我が儘です。
掘り続けてください、彫刻を。
あなたは間違いなく素晴らしい芸術家であり、表現者です。
と、私は思ってます。
なーんちゃって☆あは☆<台無し

「今夜は熱く語らナイト」そろそろ終了の時間です。
みなさん、また来週。

(もちろん続きません)



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuri   2007年03月09日 23:56
またまた失礼します。
「頑張り屋でファン想いで小心者で、なのにあえて細い糸の上で綱渡りしようとして」
ここかなり同感です!だからついつい応援したくなっちゃうんですよね>_<(失礼?)
熱く語らナイト続編待っています笑
2. Posted by 柚梅   2007年03月10日 09:51
ウメちゃんは頑張り屋さんですよね!
私もウメ好きなのでこの文章読んでとっても嬉しい気持ちになりました。
きっと宙組でも王子として輝いてくれますよ・・・!!
3. Posted by まさちか   2007年03月11日 15:41
>yuriさん
時々危なっかしかったり(笑)
でもそんな細い糸の上を渡ってるからこそ、
気迫がすごくて、それが魅力なんだろうなあって。
また熱く語りたくなったら続編やるかも(笑)

>柚梅さん
うん、本当頑張り屋さん。
でも私達が見えている部分なんて、氷山の一角なんだろうな。
もっともっと想像もつかないくらい頑張ってると思う。
ほんと宙組でも王子としてかがy…
って王子!?!?(爆)
宙組王子が二人になっちゃうよ!(笑)
4. Posted by 抹茶   2007年03月12日 00:31
私も同感です!!
つまりはウメちゃん大好きって事ですよね(*´∀`)(笑)

なるほど!宇宙に誕生した王子って言うのはウメちゃんの事だったんでつね(*つ∀<。)つ瓠覆
納得!(笑)

私も熱いの好きなので(爆)また気が向いたら是非語って下さい(*^∀^*)(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔