2007年06月25日22:45涙&宙初見
Comments(0)TrackBack(0)観劇 

<末子たん、嘉月さん退団発表>
知らされた時ただただショックで、
血がさーっと引いていくのが分かりました。
現実だと思いたくなかった…。
ああ、なんかもうなんて言ったらいいのか。
末子たんも嘉月さんも大好きで、
ずっと居てくれたらいいなあってどこかで期待してたから、
本当にただ悲しいとしか言えないです。
新しい道を歩き出す二人を応援したい気持ちもあるけど、
今はひたすらに悲しいです。
次の月組公演は早く観たいけど、それを観てしまったらもう会えない。
ああ、複雑…。
好きな人の退団は痛いなあ……。


痛いのでもうしばらくは目を背けていようと思います。
さて、先週6/23(土)、宙組公演初日から一日遅れで見てきました。
簡単な観劇感想を。
<初バレンシア&ファンタシスタ>
まずはバレンシア。
一言で言うと、古い…な…。
そんなにもバッタバタ人が死ななくてもいいような…。
う〜ん、日本人はウェットなものが好きとは言っても、
容易なウェットさは返って気持ちを冷めさせる、と感じました。
まあ昔の作品なので、私はそう感じるのかもしれません。
復讐が中心なのはいいけど、ヒロインとの恋愛があまりにも書き込み浅いような気がするかな。
いつの間に「瞳の中に炎」が見えるほど燃え上がったのか、
あのストーリーの前後からすると、かなり不自然。
想像力を働かせるにしたってちょっと燃料が足りないよ。
え!?何イキナリ燃えてるのこの二人!!(゚Д゚;)って。
私が冷めすぎてるんでしょうかねえ…?
宝塚の作品ってそんなものだけれど。
嫌いじゃあない、じゃあないけど…という感じ。
でも公演回数を重ねた時の成長に期待。
台詞で現してる燃え上がりっぷりが不自然じゃないくらいになってほしいですな。観劇回数が増えれば私の心も燃え上がるでしょう。

あとはファン目線でちょこちょこと。
・お芝居のプロローグでウメが登場した瞬間、
ただただまぶしくて、息が上手く出来なかった。
この子はトップなんだ。宙組の娘役トップとして、今そこに立っているんだ。
その事実がすごく大きくて重くて、感動的で。
1分もない時間だったけど、すごく長い間呼吸困難だった気がする。
あの息苦しさと感動を私忘れない。

・やっとウメがトップだという事に対して実感が湧きました。
やっぱ大劇場お披露目ってすげー。

・それはそうと格好良すぎ。ウメカッコイイ(*´д`)

・みっちゃんのロドリーゴ、トムさんのラモンを見て、
お互いにそれぞれ素敵で、同時に役替わりにすごく興味が湧く。

・シルヴィアを抱き寄せた時のロドリーゴの思いつめた顔にズキュン。
やっばいやっばい、相当みっちゃんにハマった!
何かこれは…私本気モードかもしれない…。
ああ、あのロドリーゴの表情を思い出すだけで胸が疼く(*´д`)

・トムアリス萌えーー!!!!兄妹萌えーーーー!!!
ラモンはみっちゃんで見たいと思う瞬間が多いけど、
兄妹萌えするならやっぱりトムアリスだと思います。
ローラ@アリスがめっちゃ可愛いの!
ああ、あんなのが「兄さん!」って駆け寄ってきたら相当デレデレしちゃう。

・イザベラ@ウメが「私辛い…」ってラモンに抱きつく所で、
ラモンにめっちゃ同情してしまった。
イザベラあんたそりゃないよ!!いくら辛くてもそれやったら駄目だよ!!(泣)
でもこのシーンがすごくリアルに男女の恋愛にありそうな展開で、すごく好き。
みっちゃんラモンはどんな風にウメを抱きしめて、どんな傷ついた顔をするかな。

・それはそうと抱きしめられて、弾けるように離れたイザベラのショールが片方落ちて肩が露わに…。
ウメに色気を初めて感じたかもしれない。ピンク色じゃなく、黒が交じった赤紫の色気。
ってそれまたラモンの心かき乱しちゃうからーーー!!!(笑)

・壁に張り付いて苦しみに悶えるウメは必見です。
閉め出されたトートのようです。

・フェルナンドとイザベラが幻想の中で踊ってるようなシーン。
振り付けはあのANJU様なだけあって、すっごく好きですが、
踊りと衣装と装置がミスマッチすぎる!!!
ショーが始まったのかと思ったよ(笑)
そんな所キラキラさせなくていいから、他の場面の殺風景さをどうにかしてください…。
踊りはすっごく素敵なんだけどなあ…。


ファンタシスタ。
・コスモ!コスモ!コスモ!!
の掛け声と共に舞台上はヒートアップ、
けれど客席が明らかについていってない(笑)
駄目だよみんな!!ほら一緒にコスモ!コスモ!!
とかいいつつ、全然ノるタイミングが分からなかったまっちゃん。
次は絶対ノリノリで一緒にコスモする。

・陽月さんしょっぱなからそんなに陽月節でいいんですか。
肩の入れ方とか、腰の落とし方とか、目線のキメ方とか…。
いいんです。とってもいいんです。

・ウメの盛大なYESパンツに下心のない喜びを感じる。
やっぱウメはパンツ見せてないとウメらしくないよね★イエス★

・タニ王子が桃からぱんぱかぱーん…ヽ( ゚∀゚)ノ
わーいきれいだなーヽ( ゚∀゚)ノ

・もゆるちゃんの触角可愛いーーーー!!
触角似合うーーーー!!可愛いひたすらかわいい!!
チギが触角をびよんびよんと遊んでる一瞬があって、
もゆるちゃんも撫でられた犬のようにニッコニコするの。
そんな二人が可愛い〜〜!!!(*´∀`)

・火星のシーンのウメに大困惑。
私はかっこよすぎて困惑。いろんな意味でたぶん全客席が困惑してた(笑)
どうしよう、えっと、あの…あの真ん中の人……。
これが星組時代だったら手放しで大絶賛なんだけど、この場合絶賛していいのか躊躇われる…(周りを伺いつつ)
でもやっぱり私は大絶賛。
囚われの白いお姫様なんてパターンはいくらでもあるけど、
それに終わらないウメが好き
とにかく瞳がギラギラしてて、今にも食ってかかりそうでよかったです。
大介とっても陽月華の持ち味と求められてるものを分かってる。

・男達の群舞を黒スリットドレスのウメがただ見ているシーンがある。
何か、品定めしてるようにしか見えない。
「やっべ、どれも超おいしそうじゃん、あっいけね、ヨダレが…」
っていう顔芸してる。
抑えて抑えて!!娘役娘役!!(笑)
mariko嬢の報告によると、初日は「舌舐めずり」してたそうです。
でもこの日はしてなかった…(´・ω・`)
さっそくスミレコードにひっかかったのかな。
どうかもう一度盛大に舐めずってくれる事を期待。

・バニーボーイがとても新鮮。ガールじゃなくてボーイってのがいいよね!

・水星、トムタニがとても美しかった。

タイトルどおりとってもファンタシスタ。
私はすごい楽しめました♪♪
かっこいい梅津先輩が見たい人はきっと満足。
今回はほとんどウメに目を奪われっぱなしだったから、
つぎはもっと他にも萌ポイント探せるといいな〜。
次は7月8日に観劇予定です。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔