2007年09月03日21:19マホロバ2回目とかいろいろ
Comments(3)TrackBack(0)雑記 

昨日観てきましたー。

が、観劇感想ではないです。
ちょっとした個人的なつぶやきとか馴れ合い報告です。



2回目なのでとても落ち着いて楽しめました。
もっと全体を観ることが出来たし。
月組は肩の力を抜いてすごく構えずに楽しめる。
やっぱりマミさん時代からずっと観てるからかなあ。
人はいろいろ移り変わったけれども、
今回で末子ちゃんとえりさんも去ってしまうけれども・・・。
こういう風に心を落ち着けて観られる組って必要だなと思いました。
誰か個人を集中して見るのもたのしいけど、
やっぱり全体を見渡すのが大事だと思った。
明石が好きになってから、1つの公演を何回も行くようになって、
それはそれで凄く楽しいのですけど、
冷静に1つの作品として舞台を見られない自分がいてねー。
さくらハンターとか何回も観たのに、
3回目になっても真ん中のトウコさんが何してるのか知らない場面があったり…。
そういう観劇の仕方を今までしてなかったから、
自分に戸惑ったりしてましたが、
やっぱり舞台はあらゆる要素が合わさって1つの芸術になってるので、
偏った観劇の仕方にならないようにちょっと気をつけようと、
思ったのでした。ちょっとだけ。
ガン見したいのに無理に我慢することもないけど、
ちょっとだけ心がけていようかと。
でも宝塚って他の舞台とちょっと違うから、別に今のままでもいいかとも思ったり。
他の組だと素直な観劇の仕方出来るけど、星になるとどうもねえ…。
野郎どもも娘どもも熱すぎて。カオスだ。
うん、あいつらが熱すぎるのがいけないんだ。
しい様が鬼畜エロなのがいけない。

そんなわけでつきぐみはとーーーってもたのしかったです。

<ようこ譲の誕生日を祝うwithアヤユリ>
ひさびさにアヤユリと約束して二人で会いました。
ちょこちょこお茶会などで会ってはいるけど、
久しぶりに二人で遊べて、まるで学生時代のように楽しかったよ♪
二人でこじんまりしたカフェに行き、
何故かアニメ話に花を咲かせ、
(私はクレヨンしんちゃんとかドラえもんとかの素晴らしさを訴えた。
クレしん映画の「大人帝国の逆襲」は特にとんでもない。
あれを見なきゃ大人じゃない<言い過ぎ)
お互いのプライベートの報告をして、
ケーキを食べながら梅津さんの誕生日を祝ったのでした。
「誕生日おめでとーー!!!いえーい!」
とか盛り上がってたらオーナーさんに
「え?どなたの誕生日なんですか?」
と、ごく普通に質問され<そりゃそうだ
「えっと、第三者の、です…」と答えながらちょっと恥ずかしかった(笑)

組内で祝ってもらえたかなー。どんな風に祝ってもらえたかなー。
ウメちゃんにとって素敵な誕生日だったらいいな♪
実は誰より早く、明石がウメちゃんにキスマーク付けてたらおもしろいよね☆
夜中にウメの家(実家)に忍び込んで0時と同時に、
雄叫びを上げて祝いながらブッチューとかね。
びっくりしたウメに窓から外に放り投げられたりね(2階とかから)
やだ楽しーー!!姉弟萌えーーー!!<それ、なんか違う

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mariko   2007年09月04日 03:09
あぁ、実家。
ウメヅさんなら軽々と投げてくれそうで萌えます。
(なにそのポイント)

旦那はうっかり忘れて 他の人から聞かされて
ちょっとアワアワしたりすればいい。
そしてロマンティックセリフを吐いて
ウメヅさんは赤面すればいい。
そんな中、空気の読めないチギタさんが
「で、今日はなんですか?」とか言って和音さんに叱られればいい。

っていう妄想で過ごせる宙組っていうのもなかなかたのしいよね。

個人的には他の組子はもうウメ呼びに戻っちゃってるのに
旦那だけが「洋子ちゃん」呼びなのが
なんだかどうしようもない気持ちになります。
2. Posted by はにはに   2007年09月04日 15:37
5 marikoさま←他人のブログのコメントにコメントつけてスミマセン

このコメント最高です♪
私のおたくな心をわしづかみですわっ!

そうそうそう、そうなんですよね〜
タニだけ「ようこちゃん」呼びが何だかたまらない気持ちにさせられて、ふふふと怪しく笑いたくなります。
3. Posted by まさちか   2007年09月06日 20:30
>marikoたん
窓ガラスガシャーンって感じでね。
大丈夫、明石なら着地出来る。
宙組は平和だね☆

華ちゃんとかようこちゃんとか、
愛称変更計画ことごとく失敗してるよね。
まあ、王子様が呼んでくれたら彼女はきっと満足なんだよ。
ふふふ。

あ、はにはにさんにレス返してあげてね(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔