2008年08月25日15:00博多ミーマイ
Comments(0)TrackBack(0)月組 

みーてーきーたーよーーーーー。
博多行ってよかった。
作品自体も好きだから楽しかったし、きりやんにこの作品はよく合ってる。
本公演とは全く別のいいミーマイでした。
簡単ですが、感想を。

もう、マギーがね。
ごめんねきりやん飛ばしていきなりマギーで。
自分に正直に生きようと思って(笑)
びっくりした。噂に聞くのと見るのとは大違いだ。
予想を超えすぎててついていけない(笑)けど大好きだ。
もうどこまでぶっ飛ぶのかというハラハラと、もっと飛べというドキドキ。
あのスタイルとあの派手な顔でどういうパーチェスターになるのかなと思ったけど、
マギーにしか出来ないパーチェスターだったと思う。
マヤさんという伝説のパーチェスターが最近の記憶としてあるから、
他の役もそうだけど、やっぱりどこか比較して見ちゃうのですが、
あれは比べようがない。だって別物すぎる。
すごい。ただすごい。なんか圧倒された。変なもん見た<おい
ずっと暴れてるから、一幕終わった時に友達と「いつか転びそうだよね〜」
と話してたら本当に転んだ!!!言霊??(笑)
マギーの長い脚が綺麗にもつれて、綺麗に後ろにしりもち付きました。
あまりの綺麗さに計算だという疑いを捨てきれないまさちかです。
京さんも観客も騙されてるのよ!!ヽ( ゜∀゜)ノ
ああもう、次のお茶会絶対行っちゃうからね!!だいぶ好きになったみたいです。

きりやんのビルは本当にもう可愛くて可愛くて可愛いかった(*´ω`)
あさこさんのビルは、「宝塚ミーマイのビル」として私は大好きだったのですが、
きりやんはきりやんで、ミーマイのビル、という印象が強かった。
きりやんがとにかく楽しそうだったし、見てる方も楽しかった。
若干声がかすれてるなと思ったりもしましたが、別に気になる程でもなくて、
私はやっぱ歌ってるきりやんが好きだなーって改めて確認。
そうそう、街灯の火を吹き消す時の息がでかくて、
すっごい「フーーーーー!!!」ってマイクに入ってて、
まさにそこら中全部の灯り消さんばかりの勢いでツボ(笑)
やたらジャンプも高かったし、とにかく表情も言動も見た目的にも可愛いの。
なので可愛いしずくちゃんと一緒だとなおさら可愛い二人。
しずくちゃんは盛大なイエスパンツが印象的。さすが元…
きりやんはファビエルさんとか、ジョン卿とか、
髭が似合う年頃の役になるとぐっとリアルな男らしさが出るのに、
年齢が若い役になると、恋の表現も一気に可愛くなる。よね。
男と女、よりは、やっぱい男の子と女の子の方がしっくりくるような。
他の作品だったら分かりませんが、このミーマイにはその持ち味がぴったりだったなあ。

そのかの髭面ジョニーはかなりかっこよくて、いいオジ様具合でした。
京さんのマリアと並ぶとさすがに年齢差カップル感はありますが、
あれはあれで可愛い二人だと思います。てか京さん可愛い。
そうそう、ジョン卿とビルの世界が回るシーン。
きりやんビルのほっぺチューはとっても健全な酔っ払いの行為。
あさこさんビルのほっぺチューは、間違いが起こりそうな行為。
これが二人の決定的な違いなんだろうな、とか思ってみたり。

今回予想外だったのがまさおのジャッキーが良かったこと。
可愛いし、綺麗だし、私好みの男役がやる女役だ…。
脚も長くて迫力があるし、ガウンめくれすぎてパンツ全部出てて豪快だし(笑)
やっぱいいわね〜、男役のやる娘役は(*´∀`)

この博多のミーマイはメンバーも人数もよかったと思うよ。
本公演とはまた別物でよかった。
そんでこの公演の主演がきりやんで、私はそれを観れたのが本当嬉しい。
この夏を忘れない…。
あのラーメンの味忘れない…<え



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔