宝塚いろいろ

2005年08月24日00:222006年宝塚歌劇上半期公演ラインアップ
PermalinkComments(0)TrackBack(1)
一足遅れてこの話題に乗ります。
気になるものについてだけ、コメントを。

月組
◆宝塚大劇場:2006年5月12日(金)〜6月19日(月)
<一般前売開始:2006年4月8日(土)>
◆東京宝塚劇場:2006年7月7日(金)〜8月20日(日)
<一般前売開始:2006年6月4日(日)>

ロック・オペラ
『暁(あかつき)のローマ』
−「ジュリアス・シーザー」より−
脚本・演出/木村信司

 「ブルータス、お前もか」で知られるシェイクスピアの名作を音楽劇として上演。単なる政治劇にとどまらず、理想の儚さ、それでもなお理想を訴えずにはいられない人間の姿を描く。

レビュー
『レ・ビジュー・ブリアン』
−きらめく宝石の詩−
作・演出 酒井澄夫

 追憶−琥珀、清楚−真珠、歓喜−ダイヤモンド、嫉妬−ルビー。宝石のもつイメージをテーマに、人生の重要な瞬間を、感覚的に、ドラマティックに取り上げ構成した、宝塚歌劇ならではの豪華レビュー。

■主演・・・(特別出演・専科)轟悠、(月組)瀬奈じゅん



降臨キター……。
降臨してしまったものは仕方ありません。潔く受け止めましょう。
轟さんが主役でいいですよ。ええ、全然構いません。
ただ、
アサカナが見たかったのにトドアサだった、とかはやめて下さい。


宙組
◆宝塚大劇場:2006年3月24日(金)〜5月8日(月)
<一般前売開始:2006年2月18日(土)>
◆東京宝塚劇場:2006年5月26日(金)〜7月2日(日)
<一般前売開始:2006年4月23日(日)>

ミュージカル
『NEVER SAY GOODBYE』
−ある愛の軌跡−
作・演出/小池修一郎

 和央ようか率いる宙組のために、世界的なヒット・ミュージカル「ジキルとハイド」の作曲家として有名な、ブロードウェイのフランク・ワイルドホーン氏が全曲書き下ろす新作ミュージカル。台本・作詞を担当する小池修一郎とワイルドホーン氏とのワールドワイドなコラボレーションによる舞台。日本のオリジナル作品に、ブロードウェイの作曲家が全面的に曲を書くのは、宝塚歌劇のみならず、日本の演劇界においても初の画期的な試みである。
 爛熟のハリウッドから、パリを経た人気カメラマンと女流作家の恋の逃避行。やがてファシズムと戦うスペイン内戦に巻き込まれ、平和を求める戦いに加わって行く。ヘミングウェイ、ロバート・キャパ、リリアン・ヘルマンといったロスト・ジェネレーションの芸術家たちをモデルに、平和を求め、ファシズムと戦った男女の愛の物語を描いた作品。愛が平和を築くことができるかを問う、強いメッセージ性を持った超大作ミュージカル。

■主演・・・(宙組)和央ようか


すげーー……。もうタカハナ組作っちゃちゃえよ。


宙組
◆2006年1月2日(月)〜1月10日(火)
<一般前売開始:2005年11月19日(土)>

バウ・ミュージカル
『不滅の恋人たちへ』
作・演出/太田哲則

 19世紀フランス文学界に実在した女流作家ジョルジュ・サンド、伊達男アルフレッド・ミュッセの情熱的な恋をモデルに、大人の愛の物語を描く。

■主演・・・(宙組)大和悠河



てっちゃん!!てっちゃん!!
すみません、哲則ファンなんです。作品ではなく彼が好きなんです(え)


花組
◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演
2006年3月17日(金)〜3月29日(水)
<一般前売開始:2006年2月4日(土)>
◆東京特別公演(会場:日本青年館大ホール)
2006年4月3日(月)〜4月10日(月)
<一般前売開始:2006年2月19日(日)>
◆名古屋特別公演(会場:愛知厚生年金会館)
2006年4月15日(土)〜4月17日(月)
<一般前売開始:2006年2月9日(木)>

ミュージカルドラマ
『Appartement Cinema(アパルトマン シネマ)』
作・演出/稲葉太地

 様々な人々が交錯するホテルという空間を舞台に、現実世界からドロップアウトして過ごす人々が、もう一度各々の抱える問題と向き合い、そして自分の帰る場所に戻っていくまでを描いたミュージカルドラマ。演出家・稲葉太地のデビュー作となる。

■主演…(花組)春野寿美礼


おじさん、誰?
いじりがいのある人だといいなあ。


まあ、私が気になるのはそんなもんです。少な。


2005年08月02日23:23ぎゃーーーー!!
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ベルばら凄い豪華なことになってんじゃん!!
すっげー役替わりメンツ………。
ていうかきりやんオスカルやっちゃうの!?ヤっちゃうの!?
「私を抱け」
いやあぁぁーーーーー!!奥さーーーーん!!(意味不明)
やだあ!もうっ!!照れるじゃない!(バシンバシン!)
あれ?フェルマリ編のオスカルってこの台詞あったっけ?
いや!!なんとしても言ってもらわないと困る!!
ああ、どうしようどうしよう。久々に動揺したわ…。

2005年06月22日01:04凹む…
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ガイチさん………………
退団って、マジですか…………??
友達から聞いたときマジで血の気が引きました。
宝塚の将来は大きな光を失ったわ……… めまいしました。
ずっと心のどこかで恐れながら、そうならない事を祈っていたけど、
現実はそんなに甘くなかった。失うには痛すぎる人材だ。
樹里さんも辞めるし…。
宝塚の舞台のクオリティを安定させられる人がどんどんいなくなっていく。
はぁ…フランツの甘い歌声が頭の中に流れるよ…。ガイチさん大好きだよ。
月組の時から大好きだったんだ。ガイチさんを見ると安心する。
ほんと太陽みたいな人だなと思って見てきた。
あの笑顔がもう見られないなんて、想像できない。
ずっと当たり前のようにいてくれると思ってた。
_| ̄|〇
ヤバ……、しばらく立ち上がれない。
「宝塚にとって貴重な人材」がどうのを抜きにしても、痛すぎる。
大好きな人が辞めるって辛いよ。
檀ちゃんに引き続きだから余計こたえるなあ。しばらくは溜息の生活やわ〜。
はあ。
でも、ガイチさんの決めたことだからね。
こうなったら最後の日まで私なりに暖かく見守ってよう。
はあ…。

2005年05月28日00:11グラビア感想文
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
感想文提出します。
「檀ちゃんの写真集を見て 〜溢れ出すアドレナリン〜」
檀様に届け。続きを読む